洋服リフォーム リフォーム住宅で創造しい住まい

洋服基本直しリフォーム

洋服の基本直しについて紹介したいと思います。

ちょっと自分には大きすぎたりしたり、少しきついから大きくしたい時の寸法直しが基本直しですね。

ジーンズや綿パンツの裾上げのステッチ仕上げ、とはどういう状態でしょうか。
ステッチ仕上げとは、表から糸が見える様に仕上げた状態です。

ジーンズのチェーンステッチ仕上げ、とはどういう状態でしょうか。
チェーンステッチ仕上げとは、縫い目の線が鎖状になるように仕上げた縫製技法です。

ヴィンテージジーンズ等の裾上げに、色落ち具合がよく、独特の風合いを出す為に用いられることがあります。

ジーンズのダメージ加工を残す仕上げ、とはどういう状態でしょうか。

デニムを、着古したように見えるように、穴をわざとあけたり、キズや色を落とす仕上げにすることです。

紳士スラックスの裾上げには、シングルとダブルの仕上げがあります。

シングルとは、折り返しのない仕上げのもので、ダブルは折返しのある仕上げのものでターナップとも言われます。

裾幅の詰めをしたり、ももの渡り幅部分の詰めをしたりします。
ウエスト部分は詰めたり広げたりして元のサイズをリフォームしていきます。

スカートはストレートなタイプのもの、フリルやギャザーがなくてまっすぐなシルエットのスカートのことですが、プリーツのあるもの、プリーツとは、衣服の運動量や立体感を出すために、布を折り畳んだものです。

学生服のスカートが一般的ですね。それらのスカートの裾丈を短く詰めたりします。

スカートもジーンズやスラックス同様にウエスト部分を詰めたり広げたりしてサイズをリフォームします。

ジャケットはどんな直しがあるのでしょうか。
紳士服の場合は、袖丈詰めをしたり 袖丈を出したりしてサイズをリフォームします。

紳士服の袖はあきみせ袖の場合が多いようです。あきみせ袖とは、ジャケットの袖の部分が、実際には開かないのですが、開くように見えるデザインの物のことです。

婦人服のジャケットの袖は筒袖といって、袖の部分は特に凝ったデザイン等が無いシンプルな袖が多いです。

ジャケットの脇幅を詰めたり、出したり、着丈を詰めたりしてリフォームします。

ワンピースやコートは袖丈を詰めたり、着丈を詰めたり、脇幅を詰めたりしてリフォームします。
自分の体に合ったサイズにぴったりした洋服は気持ちがいいですね。

洋服 リフォーム

洋服補修リフォーム

お気に入りの洋服が一部分だけ傷がついたり穴があいてしまったり・・・。

そんな時はどうしたらいいのでしょうか。そんな時は補修リフォームしてもらいましょう。

ファスナーが壊れた、ファスナーを交換してもらいましょう。
スラックスの裾がほつれてしまったら、ほつれ直しがあります。

ポケットが擦り切れてしまったら、補修してもらいましょう。

後ろポケットが破れてしまったときの補修には、ミシンでの破れをふさぐ修理と、ポケット横にダーツを入れて破れ箇所を調整するやり方があります。

ポケット横にダーツを入れる方法はキズ跡が目立たなくなります。

パンツの裾が擦り切れてしまった時や、ジャケットが袖の擦り切れてしまった時も補修してもらいましょう。

股の部分が擦り切れてしまった、という時も補修すればいいのです。

股の部分が擦り切れやすいと思われるならば、その補修の時に、合わせて「股擦れ防止加工」という股擦れに強くなる補修をしてもらえば安心です。

虫食いや、鈎裂きなどによって穴が空いてしまっても補修ができます。
「かけはぎ」といわれる補修リフォームです。

「かけはぎ」とは、破損した部分に共布をあてて表から針目が見えないように緻密に裏側から接ぎ合わせます。

「かけはぎ」をご希望する時の注意 として、経年変化により色あせ等がある場合は、修理箇所にあてる共布との色あいに違いが出てしまって、修理箇所が目立ってしまうことがあります。

不向きな素材もあって、礼服・ベルベット・デニム・光沢のあるもの・生地の薄い物等は不向きです。
共布が無い場合は、裾の折返し等から生地を採取してかけばぎをします。

かけはぎは、とてもきれいに仕上がるかわりにお値段が高いようです。
もっとお手軽な値段でしてほしい場合は、「ミシン補修」という補修リフォームもあります。

「ミシンたたき」といいます。ミシンたたきとは、引っかきキズや虫食い穴等の破損部分を補修する場合に、キズの部分に共布をあてて、ジグザグにミシンで縫い合わせていきます。

見た目はかけばぎより、よくないのですが、目立たない箇所はミシンでの修理がおすすめです。

他に、刺繍ネーム入れや、エルボパッチ(ひじあて)を付けたりすることもできます。

お気に入りの洋服が補修リフォームで新品を購入するよりも安くよみがえります。
愛着のある服は大事に着ていきたいものですね。

洋服リフォーム1

着ていない洋服たちも、捨てるのはもったいないですよね。
そんな時は、素敵な服にかえてもらってリフォームしてはいかがですか。

ワンピースをワンピースではないものにかえてまた着てみたい。
ワンピースをどうしたらいいのでしょうか。

ワンピースからスカートをつくってもらうこのはどうですか。5,000円くらいから仕立ててもらえそうですよ。
ワンピースからブラウスをつくってもらうのはどうですか。こちらも5,000円くらいから仕立ててもらえそうです。
ワンピースからツーピースに仕立ててもらうのもいいですね。こちらは7,000円くらいから仕立ててもらえそうです。

半袖からノースリーブへ仕立ててもらう、なんていうのもいいですね。こちらは3,000円くらいから仕立ててもらえそうですね。

ジャケットはどうでしょうか。
衿幅を詰めてもらうと、婦人物の場合は3,000円くらいから仕立ててもらえそうです。

が、紳士物の場合は、衿幅を詰めてもらうと5,000円くらいから仕立ててもらえるようです。

紳士物の上着のベンツを閉じる仕立ては、一箇所1,500円くらいからのようです。
逆にベンツを作る場合は、一箇所2,000円くらいから仕立ててもらえるようです。

「ベンツ」とは、上着など背中の裾部分に入る切り込みのことを言います。

その切り込みの部分が、重なり合っているものを「ベンツ」と言いますが、単純に重なり合わず、切れ込みのあるものは「スリット」と呼ばれており、区別されています。

肩パットを取ったり、移動してもらうのは一箇所1,000円から仕立ててもらえるようです。

婦人物の袖山の「パフ・スリーブ」のリフォームもされています。

パフとはふくれるという意味があります。袖付けと袖口にギャザーが寄せてあり、膨らませた袖のことです。
「ちょうちん袖」と言われることもあるようですね。

昔購入した「パフ・スリーブ」のギャザーを外して欲しいというお直しの要望は多いようです。

これで肩の部分がすっきりしますね。だいたい4,700円くらいから仕立ててもらえるようですね。

だいたいの仕立てにかかる金額が書かれていますが、お店によって違いますからよく確認してくださいね。

洋服リフォーム2

長い間タンスに眠っている着なくなった洋服をリフォームしてまた着てみませんか。

パンツやスラックスをリフォームしたい。どんな風に仕立ててもらいますか。
キュロットからスカートへ仕立ててもらうとだいたい4,000円から仕立ててもらえるようです。

婦人物のパンツのウエストを「総ゴム」に仕立ててもらうと2,600円くらいから仕立ててもらえそうです。

逆に総ゴムのウエストを「インベル」に仕立ててもらうと3,600円くらいになるようですね。

「インベル」とは、パンツ・スカートのウエスト内側にある芯のことで、ウエスト部分を作り変えてもらうと脇ゴムや総ゴムがなくなり、すっきりとしますね。

リフォームの金額がだいたいですが書いてありますが、これは店によって違うかもしれませんのでよく確かめてくださいね。

他にどんなことをしてもらえるのでしょうか。
パンツの裾幅などを変えてもらい、シルエットの変更をすることもできます。

ジャケットの衿のデザインや幅を変更 することもできます。
ジャケットの衿をはずしたり、ジャケットからベストへ作り変えたりすることもできます。

ジャケットの内ポケットを作ってもらうこともできます。
ジャケットの前打合わせを「ダブル」から「シングル」への変更もできるようです。
コートをジャケットに作り変えてもらうこともできます。

また、制服やジャケットを着ないけどいつまでも持っていたいけどどうしようかと思っているならば、「ミニチュアサイズ」の洋服にしてもらうのもいいかと思います。

とてもいい記念になる様な気がしますが、どうでしょうか。

他にもこうして欲しいとかあれば洋服のリフォーム店で聞いてみるといいかもしれませんね。

意外と洋服がイメージチェンジして良くなるかもしれないですね。
素敵な服に出来上がるといいですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。