キッチンの収納リフォーム リフォーム住宅で創造しい住まい

キッチンの収納リフォーム

毎日の食事を作るキッチンは、使いやすくすっきりさせたいものです。リフォームするときに、キッチンの収納も考えてみたいものです。

食器類はもちろん、缶詰、調味料、乾物などを入れておく食品庫が必要です。食品庫はどんなものにしたら良いか。ただ場所を作るだけでなく工夫が必要です。

缶詰、調味料、乾物などの保存食品が取り出しやすく、どこに何があるのか奥まで見渡せるものがおすすめです。

というのは、あることを忘れてしまっ置いたままの食品は賞味期限も切れゴミとなってしまうからです。

アミカゴの引き出し式のものはどうでしょうか。奥まで取り出しやすく見やすいです。

ミキサー、フードプロセッサー、電子レンジなどの家電はどう収納したらいいでしょうか。どこかへしまいこんで使いづらくなったりしませんか。

壁面に棚を作ってキッチン家電をすぐ取り出せるように並べてみてはどうでしょうか。

ココで注意しなくてはならないことは、置いたままにするので埃や油がつきやすくなります。それを防ぐように棚に扉やシャッターをつけるのがいいようです。

ただし、炊飯器やトースターなど熱や蒸気が出るものは内部に対策が必要となります。

ゴミ箱の収納もリフォームの時には忘れないようにしてください。足元はすっきりさせたいものです。

収納で使いやすい位置はどこでしょうか。腰の高さから目の高さまでが使いやすいですね。高い位置の吊り戸棚はしまう時も使う時も一苦労します。

思い切ってお金を掛けて電動の棚もいいですね。でも収納するものは使うものを入れるようにしましょう。

低い位置には引き出し式の収納にしてみると便利なようです。ショールームなどで実際に見てみるとよくわかると思います。

キッチン 収納
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。