子供部屋のリフォーム リフォーム住宅で創造しい住まい

子供部屋のリフォーム

子供部屋をリフォームする必要に迫られるケースは、小さなうちは同じ部屋に二人一緒でよかったけど・・・。

大きくなって1部屋を2つに分ける必要が出てきました。

廊下側に出入り口を2つ確保します。そして部屋の真ん中には仕切るような家具を置きます。

部屋は左右に分かれてベッドが上段下段になり、相手のベッドは見えないよう壁がある。

ベッドの下には家具の奥行き半分ずつの引き出しをつけてみます。
いわゆる間仕切り家具というものでベッドだけでなくクローゼットもあります。

一戸建ての場合は天井裏も有効に使えるので、ロフトをつくることもできます。そしてロフトにリフォームしたところはベッドになったりします。

一部屋を壁で2つに分け、壁に本棚を設置できたりして案外部屋が広く思えます。6畳の部屋でもコレで十分使えることでしょう。

しかし天井裏をロフトにした場合は夏場とても暑いようなので空調と断熱に気をつけないといけないようです。

同性の兄弟の場合は完全に壁を作って部屋を分けなくてもいい場合もありますね。

壁を作らなくてもベッドと勉強机、本棚などが一緒になっている家具を使って部屋を仕切ったりする方法もあります。

機能性家具という家具です。カーテンで仕切れば二部屋になりますね。兄弟姉妹の好み、年齢などで色々と考えられますね。

完全個室にリフォームするのか、兄弟姉妹で仲良く使うようにリフォームするのか各家庭でいろいろですね。

家の状態(一戸建て、マンションなど)にもよりますしね。子供が家を出て巣立った時のことも考えたり・・・。

素敵な部屋にリフォームできるといいですね。

リフォーム 子供部屋
ロフト
間仕切り家具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84151759
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。