トイレリフォーム リフォーム住宅で創造しい住まい

トイレリフォーム

トイレのリフォームをするとき、どんなことに注意したらよいのでしょうか。

家族が毎日使う場所ですので「安全」に気をつけたいものですね。
トイレの扉は狭い廊下からの出入りに作られていて、幅が狭くなっているものが多いのです。

なのでリフォームする時には開口部は広くして、扉の前のスペースにも余裕ができるようにするとよいですね。

「引き戸」は将来を考えると良いですね。車椅子での出入りや人に支えられたりした時に使いやすいです。
そのために段差の無いようにリフォームが必要になってきます。

冬の寒い時期のために暖房設備がおけるようにコンセントもあると便利ですね。
手すりや肘掛などの工夫も大切です。

「快適な空間」をつくる。トイレにゆっくりと過ごせるように壁にちょっとした本棚をつくってみるのもいいですね。

読書したりして一人の空間を楽しむことができますね。
人が入るたびに感知して(人感センサー付き)自動的に換気扇が回る便器を設置するのもいいですね。

高齢化に伴い何度も夜中にトイレに行くことがでてきます。
なので寝室の隣にトイレがあると便利ですね。そういうことも考えてリフォームしてみてくださいね。

トイレは家人だけでなくお客様も使うことがありますね。
お客様に洗面所を覗かれたくないならばトイレに手洗いの場所や鏡を取り付けるといいかもしれません。

狭い空間に大きな便器を取り付けると男の方には使いにくくなると思いますので、そのあたりも気をつけたいですね。

「清潔に保つ」ためにはどうしたらよいでしょう。

汚れがたまらないようにしたフチなし形状の便器、表面に塗膜がかけてあるため汚れが付きにくい便器、掃除がしやすい便器を色んなメーカーのたくさんの商品を検討してみるといいかと思います。

トイレの床、便器などの拭き掃除がしやすいようにスペースが十分取れるようにすることも大切です。

便器に座ってからトイレットペーパーが無いことに気づくことってありませんか。

そんな時のために座ってからでも手が届くところに収納を考えましょう。
掃除用具の収納も考えてくださいね。

トイレ内は狭いので、トイレ用のシステム収納や、壁の厚みを利用した収納スペース、あまり普段使わないようなものは吊り戸棚に入れたりして、効率的に収納する工夫が大切です。

トイレ リフォーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84151749
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。