洋服補修リフォーム リフォーム住宅で創造しい住まい

洋服補修リフォーム

お気に入りの洋服が一部分だけ傷がついたり穴があいてしまったり・・・。

そんな時はどうしたらいいのでしょうか。そんな時は補修リフォームしてもらいましょう。

ファスナーが壊れた、ファスナーを交換してもらいましょう。
スラックスの裾がほつれてしまったら、ほつれ直しがあります。

ポケットが擦り切れてしまったら、補修してもらいましょう。

後ろポケットが破れてしまったときの補修には、ミシンでの破れをふさぐ修理と、ポケット横にダーツを入れて破れ箇所を調整するやり方があります。

ポケット横にダーツを入れる方法はキズ跡が目立たなくなります。

パンツの裾が擦り切れてしまった時や、ジャケットが袖の擦り切れてしまった時も補修してもらいましょう。

股の部分が擦り切れてしまった、という時も補修すればいいのです。

股の部分が擦り切れやすいと思われるならば、その補修の時に、合わせて「股擦れ防止加工」という股擦れに強くなる補修をしてもらえば安心です。

虫食いや、鈎裂きなどによって穴が空いてしまっても補修ができます。
「かけはぎ」といわれる補修リフォームです。

「かけはぎ」とは、破損した部分に共布をあてて表から針目が見えないように緻密に裏側から接ぎ合わせます。

「かけはぎ」をご希望する時の注意 として、経年変化により色あせ等がある場合は、修理箇所にあてる共布との色あいに違いが出てしまって、修理箇所が目立ってしまうことがあります。

不向きな素材もあって、礼服・ベルベット・デニム・光沢のあるもの・生地の薄い物等は不向きです。
共布が無い場合は、裾の折返し等から生地を採取してかけばぎをします。

かけはぎは、とてもきれいに仕上がるかわりにお値段が高いようです。
もっとお手軽な値段でしてほしい場合は、「ミシン補修」という補修リフォームもあります。

「ミシンたたき」といいます。ミシンたたきとは、引っかきキズや虫食い穴等の破損部分を補修する場合に、キズの部分に共布をあてて、ジグザグにミシンで縫い合わせていきます。

見た目はかけばぎより、よくないのですが、目立たない箇所はミシンでの修理がおすすめです。

他に、刺繍ネーム入れや、エルボパッチ(ひじあて)を付けたりすることもできます。

お気に入りの洋服が補修リフォームで新品を購入するよりも安くよみがえります。
愛着のある服は大事に着ていきたいものですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。